何でも屋エンジニアのブログ

Rails中級者向け勉強会Step-to-Rails-Expert.rbや出席した勉強会に関するメモが多い

「社内横断の技術組織を終わらせました」を読んで思ったこと

nottegra.hatenablog.com

を読んで、思ったことがはてぶコメントに書ききれなかったから、ブログで書いた。思ったより長くなった。 割りと思ったことベースでそのまま書いているので駄文です。あと、会社の元記事も合わせて読んでいますが、認識に間違いがあったらすみません。

はじめに

まず最初に、筆者の方には辛い話を共有していただけて本当にありがたいです。色々勉強にになりましたし、今後私にもこのような知見が生きるときがあると思うので、参考にさせて頂きます。 以下に書くことは誰への批判でもありません。客観的に聞いて考えたことです。

思ったこと

複数の事業部が荒く速く進めていることで生じる問題を抑制するために横断的な別の組織が責任を持つようになると、インセンティブが異なる組織になってしまうが、そこに歪みが発生してしまったのだと感じた。事業部は速く進めようとする方にインセンティブ向くけど、横断組織は問題を抑える(極端に言えば0にする)方に向き、異なるインセンティブが生じ断裂を生んでしまう。事業部は速く進めれば勝ちだし、横断組織は問題を起こさなければ勝ちという構図に陥っているように見えた。本当は「なるべく」速く「なるべく」問題を起こさないのが目的なのに。 なので、横断組織はレビューを過度(?)に行い、新技術導入も同類のプロダクトを比較するという慎重な姿勢にならざるを得なかったのではないかと推察している。

新規技術の導入に関して、クリティカルに生じている問題に対しての技術導入は(誰が行っても良いが)横断組織としてでなく事業部としての仕事の成果として計上するような方式で進める方が良かったのではないかと考える。そうすれば、必要以上に慎重になる必要がなく、「とりあえず」今の問題を抑える技術導入ができればOKラインだろうし(横断組織の技術導入はこの成果ではOKラインは出ないでしょ)。逆に、ある程度長期的な新規技術導入なら、しっかり調査&比較して決断し、横断組織の成果とすれば良いと思う。 レビューに関しても、横断組織は推進だけ行い、とりあえず粒度は事業部ごとに自由度を持たせ事業部の責任にした方が良かったのかな。

まとめると、やる内容で責任主体を分けるだけでは不十分で

  • インセンティブの向き
  • 施策内容の目的(喫緊の問題に対するパッチなのか長期的な根本解決なのか)
  • 施策内容の緊急度

あたりで責任の主体を分けるのが良いのかなと思った。

会社名出ている元記事のミッションを見ていると組織は割りと中・長期的な方向性が想定されているのに、実態はそうでなかったりしているので、中・長期的なことをやる組織が必要に追われ喫緊の課題を解決するようなミッションに追われてしまったのが不幸だったのだと思う。 横断組織で喫緊の課題を解決する場合は、もっと厳しいトップダウンではないと難しいのかな・・・

Step-to-Rails-Expert.rb第6回を開催しました

4/24(月)にStep-to-Rails-Expert.rb第6回を実施しました。

step-to-rails-expert-rb.connpass.com

流れ

当日の流れは

  • 自己紹介
  • 議論
  • 懇親会

という形で進めました。

会の様子

今回のテーマは認可でした。主な内容としては以下を議論しました。

  • テーブル設計・アプリ設計について
  • Gem導入時に検討すべき観点について
  • 認可Gemの比較や認証Gemの相性など
  • 権限の管理について

人数が少なかったのですが、その分いろいろディープな話ができ面白かったです。個人的には、参照系ではcurrent_userからレコードを引っ張ることでシンプルに実装できるというテクニックが非常に参考になりました。

詳しい内容は議事メモをご覧ください。

運営について・感想

前回の反省点を踏まえ、議事メモは推敲したので、参加していない方からも見やすくなっていると思います。会場の雰囲気が伝わり参加したいと思って頂ければ幸いです。 あとは、実施中にスライドに移すブラウザのサイズが小さくて少し議論しづらかったので、会場の担当の方に教わって調整できるようにしたいなと思いました。

次回開催

次回は5/22(月)に開催予定です。テーマはマストドンソースコードリーティングです(予定)。 おそらく次回開催までに色々な勉強会で触れられると思いますが笑、

  • 各社のソースコード・機能の比較
  • 運用方法の考察
  • 今から1ヶ月後、流行がひと段落して少し落ち着いた時期のマストドンの状況の考察・議論
  • マストドンソースの疑問点・指摘点の議論

などを予定しています。マストドンソースの疑問点・指摘点の議論に関しては、Step-to-Rails-Expert.rbっぽく議論形式で行いたいと思います。ソースコードを読んでいる方も多いと思うので、その時に思ったことや抱いた疑問があれば、次回の議題リストに書き込んで頂いたり、参加して頂ければ嬉しいです。

Step-to-Rails-Expert.rb第5回を開催しました

3/24(月)にStep-to-Rails-Expert.rb第5回を実施しました。

step-to-rails-expert-rb.connpass.com

流れ

当日の流れは

  • 自己紹介
  • 議論
  • 懇親会

という形で進めました。

会の様子

今回から、Speee様に会場を移し開催しました。何度か違う勉強会で訪問させて頂きましたが、相変わらずオフィスとは思えないくらいオシャレでした。。なんとコーヒーとクッキーを出して頂き、美味しく頂きながら議論を行いました(写真撮るの忘れた)。
議論の内容は議事メモをご覧ください。 いくつか挙げると、

  • sinsokuさんのLT
    忙しいところ資料を作って頂き本当にありがとうございます。基本的な内容から、Railsでテストを行う際の注意点・便利Gemなど網羅的に説明して頂き本当に参考になりました。

  • カバレッジ計測について
    codecovをデフォルトの設定で使うと、一個も使っていないコードを無視されるのでカバレッジが正確に出ないという指摘などカバレッジ計測についての注意点は、使い込んだ人からでないと聞けない内容だと思います。

  • テストの並列化について

などの話ができました。また、スタッフのtwo_sannによるgem作成時、Rubyのバージョンをどこまで担保するかという質問もあり、Gemのメンバーとしてメンテナンスされている方ならではの質問だなぁと勉強になりました。 個人的には「Gemにてmigrationファイル等のテンプレートをgenerateする機能についてどうテストするのだろう」と思っていたところ、Railsでgeneratorのテストをどう書いているか参考にしてみると良いかもとのアドバイスを頂けたので非常にありがたかったです。

運営について・感想

Speee様での初回開催だったので緊張していましたが、特に問題なく終えることができました。会の実施方法についても固まってきて、自分の中でも「ここまで用意すれば無事運営できる」というラインが見えてきているので、非常に良いと思います(この辺は私が慣れたという以外にも頻繁に参加してくださる方達によるところも大きいです)。
懇親会では色々相談に乗って頂けましたし、なんというかもう本当にありがたいです。この勉強会を開くことで本当に色々な経験や勉強をさせてもらっているので、一歩踏み出し勉強会を主催して良かったなと思っています。懇親会で「色々イベント主催されているんですか?」「いや、この勉強会が初めてです。他の人が主催した勉強会に出ても話すのが苦手であまり交流できなかったのですが、主催するようになって積極的に話せるようになりました」というやりとりをしていて、Step-to-Rails-Expert.rbを開催する前の自分を思い出し、技術的にも精神的にも成長したよななんて思ったりもしていました。

課題としては、議事メモを参加していない人が理解できる程度にまとめるのは非常に難しいと感じているので(その場で書くのも後で内容をまとめるのも)、まずはスタッフのtwo_sannと連携して工夫していきたいなと感じました。主催者がメモっているところに(特に初参加の人は)書き込みづらいと思いますし・・・。
あとは参加者の人数が少なくなってきてしまっているのが少し気になるので、工夫できる点がないか考えてみます。

次回開催

次回は4/24(月)に開催予定です。テーマは権限周りの予定です。
shimaさんから「デプロイ周りについて」という次回テーマの提案があったのですが、非常に面白そうなので逆にもう少し眠らせておこうという判断になりました笑
かなり面白そうで盛り上がりそうなテーマなので、もう少し経験値を積んだらぜひ取り上げたいところです。

Step-to-Rails-Expert.rb第四回を開催しました

2/27(月)にStep-to-Rails-Expert.rb第四回を実施しました。

step-to-rails-expert-rb.connpass.com

会の様子

  • 自己紹介
  • 議論
    • herokuのRDBMSについて。Heroku Postgres、ClearDB MySQL、その他、どのadd-onが良いとか悪いとかありますか?
    • Rails5にするにはpumaじゃなければいけないのでしょうか?
    • Webpackerどう思いますか? など。詳しくは議事メモをごらんください
  • もくもく作業

運営について

今回一番の反省は「もくもく会」なのか「フリーテーマの議論」なのか私が設定せずに進めてしまったということです。 一応、自分の中では「フリーテーマで議論し議題がなくなったら作業しても良い」というイメージでおり、開始時点では1点しか議題がなかったため「今回はもくもくメインになるのかな」と考えていました。 しかし、その後参加者が増え議題が追加されましたが、私がうまく話を広げられませんでした・・

原因として

  • フロントエンドの話題は、自分に全然馴染みがなく話を広げることができなかった

というのがあったと考えています。

「そもそも〜ってなに?」のレベルだった私はどう話に参加して良いかわからず、また、議題を出して話してくださっていた方達も主催者が黙ってしまうので喋り続けづらかったのでしょう、すごく静かに作業する空間になってしまいました。。。

  • 質問しまくる
  • わからないことをスクリーンで調べる

という対応でせっかく話してくれている方を困らせないように対応すべきだったと反省しています(そしてその方が私も勉強になったはず)。

しかし、一番の原因は自分の中で「もくもくにするか」「あくまでも議論中心にするのか」のどちらに会の方針をするのか決めきれていなかったのが原因かなと思います。 そういう迷いがあったからこそ、質問したり話に入ることができず、中途半端な対応になってしまったのだと思います。

今後はフリーテーマの会で議題がない場合でも、基本的には何かしら話す(懇親会のようなイメージ)という方向性にしようと決めました。 せっかく議論形式の勉強会なので、話せないのはもったいないなという考えからです。また、懇親会で気になったことなどを話しているだけで非常に勉強になっているので、テーマが決まっていない時はその雰囲気やメリットを本番の会にも持ち込めたらという考えもあります。

業務都合で準備が完璧には終わらずにフリーテーマになってしまうことは正直これからも出てきてしまうと思うので、方針や運営方法でカバーし自分にも参加者の皆さんにも有意義な会にできればと反省しました。 今まで参加してくださった方で、「議論する会」という認識でやることを持って来ていない方もいらっしゃったので、本当に申し訳なかったです。

お知らせ

初回から現在までアニメイトラボ様に会場をお借りしておりましたが、アニメイトラボ様が引越しされるとのことで、次回から会場を変更させて頂きます。 アニメイトラボ様には、実績のない勉強会にもかかわらず今まで快く会場をお貸しいただき本当に感謝しております。

新しい会場は株式会社Speee様にお借りすることになりました。快く引き受けて頂き本当にありがとうございます!

次回開催日は3/27(月)の予定です。テーマはテストの予定です。大江戸Ruby会議の次の週なので、大江戸の話もできたら面白そうですね。 是非ご参加ください!

OSS Gate東京ミートアップにメンターとして参加しました

OSS Gate東京ミートアップ2017-02-20にメンターとして参加しました。過去ビギナー・開発者と参加して、メンターとしては初参加になります。 oss-gate.doorkeeper.jp

やったこと

OSS Gateの基本的な進め方として、

  • 対象プロダクトを決める
  • プロダクトを動かす

という流れなのですが、私が担当したビギナーさんは対象プロダクトも決まっており、かつ予習としてテストを回してきていたので上記のプロセスを行う必要はありませんでした。 さらに動かした上で気になる箇所が決まっていて、教えることがないという状態でした笑

テストを回した時にスキップするケースが気になるとのことだったので、まずスキップするテストケースを探しました。 対象プロダクトはあるサービスのAPIを叩くRubyライブラリだったのですが、そのサービスに登録しないと取得することができない認証ファイルがあり、その認証ファイルがローカルにないためテストがスキップされていたのでした。 また、その調査の過程でテストでURLにアクセスしており、モックを使っていないという問題も見つかりました。

問題として

  • 認証ファイルのダミーも用意しておくべきではないか
  • URLを直接叩くのではなくモックを使うべきだ

という2点が浮かび上がったので、まずは後者に関してissueを送るように進行し、結果として、issueのテンプレートをある程度書くところまで進めることができました。

感想

  • 最初に具体的な進め方の指示がもらえるので、かなり進めやすかったです。会として完成していてすごいなと思います。
  • 困ったらサポートメンターの方に質問できるので、その点でも安心でした(個人的に気になった技術的な質問もさせてもらいました)。
  • 担当ビギナーの方は事前にかなり進めてくれてきて少し方針に迷いましたが、進め方をサジェストしながら進めることができたかなと思います。
  • 実際に一緒に解析・調査しながら進めたので私も非常に楽しめたのですが、ビギナーさんも同じように楽しんで参考になったのか少し心配です。

最後に

次回は3/30(木)19:30開催予定です! 非常に面白いのでOSS開発に興味のある方は是非ご参加ください!

Step-to-Rails-Expert.rb第三回を開催しました

1/30(月)にStep-to-Rails-Expert.rb第三回を実施しました。

step-to-rails-expert-rb.connpass.com

流れ

当日の流れは

  • 自己紹介
  • スタッフのLT
  • 議論
  • 議題が終了したのでフリーテーマでの議論
  • 懇親会

という形で進めました。

会の様子

スタッフの@two_sannのLT(しかも初LTだそうです!)でスタートしました。 Carrierwaveしか使ったことがない人が多数だったため、Carrierwaveとの使い方の差を知ることができ面白かったです。
参加者はPaperclip未経験の人が多かったのですが、Paperclipの議題が上がった時、ソースやREADME.mdをみんなで読み込み結論を出せてたのは非常に良かったなと思います。 知っている/知らないで済ますのではなく、その時にきちんと調べるということが参加者みんなでできる会というのは、中級者向けの会として非常に有意義に思えました。

ところで、参加者の数がいつもに比べ少なく少し不安だったのですが、人数が少ない分いつもより話しやすくなり、面白い会でした。 今募集している参加人数の上限から減る分には特に問題なく運営できそうです。 内容に関して、個人的にはテストやRubocopについての話が聞けて大満足でした。

内容について詳しくは議事メモをご覧ください! また、何か聞きたいことありましたらSlackチャンネルもオープンしているので、気軽にご参加ください。

運営について

  • 議題をオープンにする
    今回から、議題を最初に集めそれに基づき議論するという形式にしました。 残念ながら、スタッフ以外にはあまり書き込んでもらえませんでしたが(その中でも書き込んでくれた方ありがとうございました!)、色々な人の意見を取り入れるという点でも、この方法で当分は運用していきたいと思いました。 書き方やどのようなことを書いて良いのか不透明という反省点があるので、参加したことがない人にもわかりやすいように、過去の議題のみまとめ周知する必要性を感じました。

  • テーマを決めるか決めないか
    こちらは柔軟にやっていきたいと思います。 主催者が勉強したいという都合からなるべくはテーマを決めたいと思っていますが、 フリーテーマもちょうどその時話したいことを話せるというメリットがあるので、必ずどちらにすると言いづらいです。 両方ともメリットがあるので、特にテーマの希望が集まらない・準備が間に合わない時はフリーテーマにしようと思います。

次回開催

次回は2/27(月)に開催予定です。テーマは募集開始時にお知らせします。 募集開始とともに議題を募集するので、参加予定の有無にかかわらず是非書き込んでください!
そしてお時間合えば是非ご参加ください!

Step-to-Rails-Expert.rb第二回を開催しました

12/5(月)にStep-to-Rails-Expert.rb第二回を実施しました。

step-to-rails-expert-rb.connpass.com

流れ

当日の流れは

  • 自己紹介 & 当日のやること発表
  • メンバーの自己紹介
  • もくもく開始
  • やったこと発表
  • 懇親会

という形で進めました。

会の様子

今回はもくもく会ということですが、元々は議論形式の勉強会ですので「作業するのも質問するのも自由」という形で進めました。 参加者の方があるケースについてのルーティングの書き方の質問をしたところ、参加者みんなで考えるという形になりました。

  • resourcesなどのDSLを使うべきか否か
  • ルーティング設計の注意点・ノウハウ などの話が出てきて、非常に勉強になりました。

また、電話決済サービスを立ち上げている方が参加してくださり、技術の話や苦労話も聞けて、非常に有意義でした。

毎回議事メモを公開していますので、githubStep-to-Rails-Expert.rbもしくはconnpassのページよりご覧ください。

運営について

第二回は、準備が間に合わないためもくもく会にしましたが、そのおかげで運営方針が固まりました。 というのも、前回のブログにも書いた今後の課題である議題をどう設定すべきかという点の対策を思いついたからです。 議題とは、例えばテーマがルーティングなら「リソースルーティングのはまりどころ」や個々人の疑問点・質問(resourcesresourceはどう違う?)などを想定しています。
スタッフや私のみが議題を設定すると視点が固まるという予想はしていたので、運営が事前に用意したものに加え、当日に参加者へヒアリングして集めた疑問・質問を集め当日の議論内容にする方法で進行する予定でしたが、この方法にも議題が十分に集まるのかという懸念がありました。
しかし、今回参加者の質問によって議論が非常に盛り上がり、またそれが自分の持ったことのない疑問だったため、色々な人の疑問を取り入れる重要性を痛感し、事前にテーマのみ決めておき質問・疑問をオープンに募集する方法を取ることに決定しました。
具体的には

  • 募集開始しテーマを公表する
  • 募集ページのリンク先にある議題募集のmarkdownに議題を書き込んでもらう
  • 当該テーマに関するLT(予定)
  • 当日議論する
    • 議題がつきた場合はもくもく会形式で自由に進行する
    • その際に他の回の疑問点などを聞いて頂いてもOKです
  • 議事メモを公表する

という流れで進行します。 なお、議題(疑問・質問)は、参加予定の有無にかかわらずオープンにします。
当日参加予定の人もそうでない人も書き込めるようにすることで、より多くの視点を取り入れられるのではないかと期待しています(細かいところでは、参加者に関して、参加者の質問・疑問を優先的に俎上にあげること、議事メモはオープンにするが簡易的なものなので参加する方が詳細に話を聞けるという2点を直接参加するインセンティブとして用意してあります)。
この方法を取ることで、勉強会をオープンにし直接的・間接的問わずいろいろな人との関わりを増やし、本勉強会が発展していけたらと思っています。

その他

  • 懇親会はアニメイトラボさん近所のルノアールでまったりと行うことにします
    アルコールないですが、いろいろ話しましょう。
  • 気軽にいろいろ質問できるslack部屋を設置予定
  • 勉強会でアプリレビュー会してみたい
    OSSにライブラリは数多くあるので見るだけでも参考になりますし参加すれば鍛えられるのですが、webアプリにはOSSが少ないので(当たり前ですが・・)、趣味アプリを作りレビューして欲しいなと個人的に思っています。

次回開催

次回は1/30(月)に開催予定です。テーマは初回にリクエストを頂いた「画像周り」について取り上げます。 募集開始とともに議題を募集するので、参加予定の有無にかかわらず是非書き込んでください!
そしてお時間合えば是非ご参加ください!