何でも屋エンジニアのブログ

当分はRails中級者向け勉強会Step-to-Rails-Expert.rb関連になると思います

駅データ.jpの駅データ保存スクリプトを書きました。

駅データ.jpとは、その名の通り駅データ(鉄道事業者・路線・駅・接続駅)が取得できるサービスです。基本無料で登録しデータを取得でき、より詳細なデータが欲しいときには有料プランも用意されています。

www.ekidata.jp

駅データ.jpから無料プランで取得したデータをデータベースに挿入するスクリプトを作成しました。
ソースは以下にあります。

github.com

  • 動作環境

  • 使い方

    • 事前準備:csvfilesディレクトリに駅データ.jpから取得したCSVを配備します(全ての種類のCSVファイルを登録する前提なので、足りないとエラーになります)。
      環境変数に以下の定義が必要です(MySQLじゃない方すみません)。

      • ユーザー:MYSQL_USER
      • パスワード:MYSQL_PASS
      • ホスト:MYSQL_HOST
    • 実行方法:スクリプトのあるディレクトリに移動し、以下のようにデータベース名を引数に取り実行します。
      [vagrant@localhost LineData]$ ./linedata_insertion.sh DBNAME

  • その他
    テーブル定義については、githubsqlファイルを置いてあるのでそちらをご参照下さい。

参考: 駅とか路線のマスターデータの入手方法 - Qiita

2015/6/17追記: データは駅データ.jpさんで管理しているので、テーブル定義に外部キー制約は入れておりません。