何でも屋エンジニアのブログ

Rails中級者向け勉強会Step-to-Rails-Expert.rbや出席した勉強会に関するメモが多い

ペアプロをやるにあたって先に読んでおいて欲しいこと

最近特定の一人とペアプロがすることが多かったのですが、また別の人とペアプロをやる機会ができたので、ペアプロをする前に読んでおいて欲しいことをまとめておきます。 主に物理的な準備と、心構えについて書きました(経験に基づくものなので、網羅的な一般的な話は本を読んで頂くのが良いです)。


取り掛かる前に

目標or時間を決めましょう

リファクタリングの場合は特に時間を決める必要性が高いです。リファクタリング他にも直したいところが出てきてしまいがちで、永遠と時間を取ってしまい疲れてしまいます。新規開発の場合は、目標に対しての進捗が比較的分かりやすいですが、それでも上限の時間を決めておくに越したことはありません。

飲み物・食料を用意しておきましょう

思った以上に体力と喉を使います。体調を壊さないようにやりましょう。

進めている最中

休憩を取りましょう

60 ~ 90分くらいで休憩の声掛けを気づいた方がするようにしましょう。ただし、それより早く休憩したい場合は、お互い気にせず休憩したいです!って言いましょう。

  • トイレ休憩
  • のどかわいた
  • お腹すいた
  • さすがに疲れた...

などなど、理由はなんでも良いのでキツくなったら休憩をはさみましょう。二人が協力して進めているので、二人の力が最大限発揮されるような環境を作りましょう。

コミュニケーションをしっかり取りましょう

なんか上手く進んでいないな?と思ったら、進捗が悪くても一旦進める手をとめて原因を考えてみましょう。相手も同じように考えているかもしれないし、感じた違和感がより良い時間にするためのヒントである可能性もあります。遠慮しないで意見を言いましょう。

終わった後

最後に必ずふりかえりをしましょう
  • 新たなメンバー同士で行う初回は、進捗が出ないことも多いです。コミュニケーションのとり方を学び、お互いの理解度を把握し、適切な進め方をふりかえりの場で考えましょう。
  • ProblemとTry出すことで気をつけるべきことが明確になり、気持ちが楽になります。
    • うまくいかないまま原因を究明せずに終わると、お互いがお互いに対し責任を求めたり、ペアプロ自体が辛くなってきてしまいます。
    • 反省点・悪いところが出てくる場合、なるべく仕組みで解決するようにしましょう。
  • せっかくお互い学べるチャンスなので楽しく進めましょう!
  • めっちゃうまくいってる場合、楽しい気分で終われているはずなので褒めあってもっと楽しく終わりましょう。